肩凝り・腰の痛み・お尻の痛み・足のしびれのセルフケア!おすすめ

こんにちわ。

 

今回は、

『肩凝り』『坐骨神経痛』『姿勢が悪い』『慢性的な痛み』

について書いています。

 

(整骨院に通っているゆーくんですw)

 

ほんとに痛すぎて

どうしようか?悩んでいいる方は、

前の記事から読んでいただいたほうがいいかもしれません。

 

今回、紹介させていただくのは

ゆーくんが実際に使っている

以下の器具を使ったセルフケアとなります。

 

気になった方は、

お値段もそんなに高くないので買ってみてください(^▽^)/

スポンサーリンク

けして健康器具の押し売りではありませんので

ご安心して最後まで読んでみてください。(笑)

▼ゆーくんのセルフケア

 

筋膜ローラー

この『筋肉ローラー』は、

お尻から下に痛みがある方に

特におすすめです!

 

『筋肉ローラー』は、

長時間の同じ態勢や運動後の

筋膜をほぐしてはがします

 

ちょっとここで、

筋膜について簡単にお伝えしますね。

 

筋膜とは、筋肉を包む膜のことで

筋肉は、全身についているので

全身を包む蜘蛛の巣上の一枚の膜だと思ってください。

 

何も問題が起きていなときは、

筋肉を包む筋膜は、するすると動きますが

体のどこかで筋膜が機能障害を起こすと

筋膜内は、水分を失い一枚の膜をそこの一点が引っ張るようになります。

 

そうするとそこから

痛みが出てきて

引っ張られた先まで痛くなります。

 

なので、この筋膜ローラーを使って筋膜をほぐして

筋膜を引っ張らないように

常に柔軟にしておきます。

 

『筋膜ローラー』は、

その筋膜をほぐすための器具です。

筋膜ローラー

楽天ビック

La-VIE ラ・ヴィ 健康グッズ 筋膜ローラー ほぐ師(ホワイト×グリーン) 3B-4742 (49869204742…

 

 

これを使う前に

股の前面をこぶしでグリグリしてみてください。

 

痛くないですか?

 

痛い人は、筋膜が固まってますよ!

筋膜ローラーをすれば「だるさ」や「むくみ」も取れてスッキリしますよ。

 

筋肉だけではなく、セルライトをほぐして

体をスッキリさせる『セルライ子』という商品もあるので

興味ある方は、こっちもチェックしてみてください。

セルライ子

楽天ビック

La-VIE ラ・ヴィ 健康グッズ ストレッチ・コリほぐし・ツボ押し 全身エステローラー セルライ子(幅41×直径3cm…

 

 

凝りほぐしローラー

これも筋膜をほぐしたり

ストレッチをする器具ですが、

筋膜ローラーと違って

背中や首にしっかり効きます。

 

これは、自重を使って

しっかりと圧力を加えることができます。

 

また、背中を伸ばすときに

猫背になりがちな人は

この上に寝転がるだけで伸ばされる感覚がありますよ!

 

ローラーの表面は、低反発のクッション素材で

ガツガツ当たって痛いこともないので

いた気持ちいい程度です。

 

ただあまり、やりすぎはよくないみたいです。

一回の使用で5往復程度までと

書いてあるので筋膜や筋のほぐしすぎもよくないみたいなので

気をつけてくださいね。(笑)

スポンサーリンク

 

やわこ(La-VIE)

今回は、やわこをチョイスしてみました。

 

La-VIEのこのシリーズには、

硬さのバリエーションがたくさんあります。

 

▼【MAXやわこ/La-VIE】

楽天ビック

 

▼【やわこ/La-VIE】

 

 

▼【かたお/La-VIE】

 

 

▼【MAXかたお/La-VIE】

楽天ビック

 

この中で

ちょうどいい硬さが『やわこ』です。

 

むにゅっとへこむので

はじめてつかう方は、やわこぐらいがちょうどいいと思いますよ。

 

もっと痛みが欲しい、

Mな方は、『MAXかたお』を使ってみてください

カチカチです。(笑)

 

僕は、MAXかたおも持っています(笑)

限界突破するような腰の痛みの時は

肩甲骨のあたりから腰までこれでゴリゴリほぐしちゃいます。

 

どつぼ(La-VIE)

これは、

粒々がプラスされている商品です。

【どつぼ】

楽天ビック

La-VIE ラ・ヴィ 健康グッズ ストレッチ・コリほぐし・ツボ押し こりほぐしグッズ どつぼ 3B-4709 (498…

 

『やわこ』たちと比べると一回り小さくなり

粒がついていることで

さらに、ほぐしたいポイントに

ピンポイントで届きます。

 

僕的には、これは刺激が強すぎるので

カチカチに固まっている肩甲骨あたりに使ってしまうと痛いので

おしりの奥の筋肉をほぐすときに使っています。

 

少し小ぶりなので

ちょうどフィットして気持ちいですよ。

 

体の痛みは、

日頃のメンテナス不足です。

 

今回、お伝えした

セルフケアは、あくまでも一時的なものです。

 

本当に痛みを取ろうとしたときには、

寝具にこだわるべきです。

 

人間は、いつ体の傷や疲れを回復しますか?

 

そう寝るときですよね?

いくら起きている時にマッサージをしても

本当の回復とは言えないでしょう。

 

 

人間は、寝ている時に回復をしますし

誰も寝ることをさぼる人は、いません。

 

一時的なストレッチは、

なかなか持続しないですよね?(笑)

痛みが取れたら

元の怠けた生活です。

 

なので、次の記事では

『寝るときの寝具の大切さについて書いてみます。』

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク