【同棲資金】予算は、どのくらい必要?|遠距離カップルのルール

同棲資金

こんにちは。

今回は、同棲をするための準備【資金編】です。

 

まず、準備しておく必要経費を簡単にまとめましたので

参考にしてみてください。

 

この記事は、同棲をするための新居を準備する資金も

含まれておりますのでパートナーのお家に引っ越すよ!

って方は、新居の準備費用を引いてお考え下さい。

 

【同棲資金】ざっくりな内訳

ほんとにざっくりな同棲資金です。

さらに下の項目に

詳しくは、まとめていきますので

ここでは、全体像を把握してください。

① 賃貸の初期費用 家賃の5~6か月分
② 引っ越し代 約10万円
③ 家具・家電 約25万円

※家賃は、8万円と想定します。

 

上記をもとに計算すると最低でも

77万円は、貯金が必要です。

  • 賃貸の初期費用=40万円(5か月分)
  • 引っ越し代=10万円
  • 家具・家電代=27万

ここからは詳しく内訳をみていきましょう。

①【同棲資金】住居の初期費用内訳

同棲資金の住居にかかる初期費用です。

設定する家賃により変動は、あります。

① 敷金 家賃1ヵ月分 80,000円
② 礼金 家賃1ヵ月分 80,000円
③ 仲介手数料 家賃1ヵ月分+税 88,000円
④ 前家賃 家賃1ヵ月分 80,000円
⑤ 日割り家賃 入居日によって変動 45,000円
⑥ 保証会社利用料 家賃0.5~1か月分 80,000円
⑦ 火災保険 約15000円 15,000円
⑧ 鍵交換費用 約15000円 15,000円
合計 483,000円

80,000円を想定して

諸費用を考えるとこんなこんな感じですね。

約48,3万円です(-_-;)

 

結構かかりますよね。

家賃を6万円に落とすと

36,6万円です。

同棲なので広くてきれいな住まいに

住みたいのは、やまやまですが

最初から生活水準の高い暮らしを

してしまうと下げることは困難です。

 

パートナーとしっかり話し合いたい部分ですね。

②【同棲資金】引っ越し代

引っ越し代は、1人暮らしの引っ越しシーズンをずらした金額です。

引っ越しシーズンでの引っ越し1.5~2倍。

2人とも引っ越しが必要であれば2倍。

 

荷物は、同棲を見越すのであれば

整理・整頓して身軽にしておくのもいいかもしれません。

 

もしあなたが日頃からモノを捨てれない正確なら

同棲を始めてからの荷ほどきで

イライラする事でしょう。

③【同棲資金】家具・家電費用の内訳

住み始めるのに必要な

必要最低限の家具・家電の費用をまとめました。

 

中には、一人暮らしをしていて

今使っているものを持ち寄る

カップルの場合は、この項目がぐっと抑えれます。

ベット類 約30,000円
リビングテーブル 約20,000円
ダイニングテーブル 約10,000円
カーテン 約50,000円
冷蔵庫 約25,000円
洗濯機 約25,000円
テレビ 約25,000円
掃除機 約10,000円
電子レンジ 約10,000円
炊飯器 約50,000円
ソファー 約10,000円
合計 約266,000円

まともに揃えようと思うと

約27万円です。

 

ここでのポイントは、以下の通りです。

  • まずは、安いもので買いそろえる。
  • 部屋数の多い間取りは、カーテンなど余分な費用が増える。
  • 持ち寄れるモノは、持ち寄る。
  • 住み始めて、徐々に買い足すほうが楽しい。

ここは、贅沢をすれば

準備する金額は、跳ね上がる危険性があります。

 

十分に注意しながら

生活スタイルに合わせて徐々に買いそろえる

ことをお勧めします。

最近では、テレビを見ない方も増えていますよね。

 

それなら、当たり前のようにテレビを買うのは

どうなんだろう。

とか、、、、

 

生活スタイルを考えなおしたりするのも

楽しかったりしますね。

まとめ

ざっくりな費用計算ですが、

二人で少し未来について

お話をするには十分な内容では、ないでしょうか?

 

お互いゴールの見えないまま

付き合うのって少し不安を抱えたり

相手の気持ちを聞きたいけど避けて

通ってしまうものではないでしょうか?

 

だからこそ、

いきなり突き詰めた話をするよりも

『このぐらい準備しときたいよねー』って

二人で考える時間を作ってもいいのでは

ないのでしょうか?

同棲資金
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク